PARROTT CANVASについて

1982年アメリカ・ノースカロライナ州グリーンビル。PARROTT CANVASはMickey Parrott氏によって帆布の生産を行うメーカーとして創業されました。頑丈な帆布を作りたいとの志を持ち、努力を惜しむこと無く研究を続けた結果、ヨットの帆をはじめとしたマリングッズに採用され、成功を収めました。

やがて有名ブランドからの依頼でトートバッグの生産も行うようになり、バッグメーカーとして全米で高い評価を受けるようになっていきました。 現在でも「Craftmanship(手作り感)」「Workmanship(実用性・頑丈さ)」を表現した、優れた製品を世に送り出しています。

キャンバスとは

キャンバスはPARROTT CANVASを象徴する歴史ある織り素材です。高密度な平織りを指し、その耐久性とやわらかくナチュラルな印象が特徴です。 ブランドが生まれたアメリカでは、頑丈で耐久性に優れたキャンバス素材はバッグやテントなどの材料として広く使われてきました。 濡れると水を通しにくい特徴があるため、ヨットの「帆」として使われることが多く 「帆布」とも呼ばれています。 PARROTT CANASでは薄手で扱いやすい11号帆布を中心に商品をご提案しております。

デイリーワークウェアとして

2022年春夏より『今の風をうけた、デイリーワークウェア』として、バッグとアパレルの販売を開始しました。

PARROTT CANVASは使うほどに馴染み、
風合いが増し長く愛用いただけるアイテム、
また、普段着として肩ひじ張らずに日々の生活を
過ごしていただけるウェアをご提案しています。
そんなPARROTT CANVASをもっと知っていただくため、
「ヒト」や「コト」を通じた記事をJOURNALで
ご紹介していますので、是非ご覧ください。

JOURNAL